読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総アクセス数が3万9千を超えた

何時から始まった機能かを調べてみると、「2014年9月30日より」となっていた。通算32ヶ月なので、ひと月あたり1218で、一日換算だと40ということになる。

本日も、伊豆 村の駅♪

しばらく晴れそうだ

暑いが・・・(笑)

◆伊豆 村の駅

 http://www.muranoeki.com/

 場所/三島市安久322-1

 時間/11:00頃〜14:45

 *投げ銭ライブ

昨日も聴いていただいた皆さま、ありがとうございます

人出たっぷりで。

ホント、若い世代が普通に来るようになった

10〜20代がね

ありがたいなと思う反面、

投げ銭スタイルの難しさが露呈するのよね〜。

いつかはこの壁に当たると思ってたんで、今まさにその時。

これをどう乗り越えるか、イロイロ考えないと

・・・大した知恵もないがww

賄いちゃん

まぐろしらす丼でした〜(*^-^*)

http://www.faith-y.net/

FaithHP。

ルーヴル美術館特別展 「ルーヴルNo.9 〜漫画、9番目の芸術〜」に行ってきたよ!

荒木飛呂彦ら人気漫画家がルーヴル美術館を描く特別展

(Walkerplus - 2016年08月01日 14:20)

あゆなバンド LIVE at 代々木 Barbara

あゆなバン

2017/03/05(SUN)

代々木 Barbara

3月5日日曜日。

代々木 Barbaraにて、あゆなバンドのライブでした!

あゆなバン

代々木 Barbara

☆SET LIST☆

1,前前前世 (RADWIMPS)

2,歩いて帰ろう (斉藤和義)

3,Highway star (DEEP PURPLE)

2月半ば頃、いつも仲良くしてくれているansR6のドラマーあゆなちゃんからベースを弾いてくれないかという話が。ヴォーカリストは同じくansR6のさゆちゃん。そしてギタリストは一真君という、何と10歳の少年!5年くらい前からギターを習っていた一真君のバンドを組んでライブをやってみたい!という願いを実現すべく集まったのがこのあゆなバンド。というわけで一真君初ライブのお手伝いをしてきました。

日程の都合で顔を合わせてみんなで練習出来たのが当日の会場入り前の時間のみで、しかもやったのがRADWIMPS斉藤和義さんとDEEP PURPLEっていう俺が普段絶対やる事ないような曲達だった事もあってなかなかテンテコマイだったし、何か本当にあっという間に過ぎ去っていって気が付いたら終わっていたような感覚だった。余裕は正直全くなかった。

でも何というか、楽しかった。人生初ライブなんて一生の記念になる大切な日じゃないか。一真君にとって2017年3月5日という日が素敵な思い出として残っていったら良いな。そして初めてバンドを組めた時の気持ち、初めてステージに立てた時の気持ち、バンドをやれてステージに立てる喜び、常に忘れないようにしてるつもりでいるけど、改めて一真君が色んな事を思い出させてくれたし、あの時感じた気持ちは絶対忘れたくない。

一緒に過ごした時間は半日にも満たない程短かったけど、ほんとに素敵な経験をさせてもらえました!一真君がこの先も素晴らしいMUSIC LIFEを過ごしていけますように。

そして誘ってくれたあゆなちゃん&さゆちゃんに感謝!

MY GEARS

昼食で食べたパスタ

あゆな食堂

バンだったRyo君と

あゆなちゃんと

まるで現実版「弱虫ペダル」

 なんか、現実版の「弱虫ペダル」のような話だなあ。

同校のたった1人の自転車部員だ。

そんな環境で今春、第40回全国高校選抜自転車競技大会のロードレース(77・7キロ)で初優勝を成し遂げた。

 まあ、別にアニメ関連グッズを買うためでなく単に通学ということだけれども、それでも三年かかって結果を出したのは素晴らしい。

 さらに何がすごいと言ってたった一人の部員として頑張りとおせるのはすごい。たった一人だから 辞めようとサボろうと誰も文句を言わないのに、淡々と日々の訓練を重ねる精神力がすごい。

 日本中の「たったひとり部活動」にとって朗報になったと思う。

 

■ひとり自転車部、全国V 片道10キロの通学きっかけ

(朝日新聞デジタル - 05月28日 12:06)

神宮スズメの独り言 2017春〜6〜さあ決勝戦

外野ややレフト寄りの外野席にいたボクは柳町君のその打球を見失った。

いい角度でライト線に上がった打球は距離は十分に見えた。しかし、早稲田の右翼手は一歩を動かない。

なんだ、ファウルか・・・・

そう思った時、1塁塁審の右手はグルグルと回って大歓声が起こった。滞空時間の長い本塁打だった。

8−5・・・・

これで試合は決まった。

昨年の六大学は多くのドラフト指名を受けた。明治からは柳、星の両エースと佐野。立教からは澤田、田村の両投手に田中、慶應からは加藤、慶應の残った投手陣のこれまでの勝利数は2であり、それは東大よりもはるかに少なかった。

そして、この3校がもっとも戦力ダウンしたと言われた。

しかし、六大学の序盤をリードしたのは明治、それを慶應が交わして首位にたったが、最後の早慶戦を前に立教がトップの座にいた。

先週の土曜日を終えた段階では東大を除く5大学に優勝の可能性があったが、明治が力尽きて優勝は立教と慶應に絞られた。

慶應は無敗で勝ち点を上げれば優勝、一つでも負ければその段階で立教の優勝が決まる。

そんな中での早慶戦は非常に緊迫した展開が続いた。早稲田の先発は浦和学院で全国一を経験している小島君、慶應は川越東の高橋佑樹君。

サウスポー同士の先発はともに無安打のまま試合が進む。5回に早稲田の宇部口君が両チームを通じての初安打を放つも無得点。

慶應の初安打は6回の瀬尾君の2塁打だった。1死2塁で早稲田は柳町君を敬遠、4番の岩見君との勝負を選択する。そして岩見君の当たりは3塁ゴロ・・・・

併殺か、いや2封のみか・・・・

しかし、次の瞬間スタンドが沸いた。2塁はセーフ。1塁ランナーの柳町君のスタートがよく、野選と記録され満塁となった。

ここで清水翔太君がライトスタンドへ・・・

慶應は6回裏に2安打で4点を入れた。そして6回まで慶應の高橋君は被安打1、奪三振9と絶好調だったことを考えると慶應に勝利が近づいたと思われた。

しかし・・・・

7回の表、早稲田側スタンドが高らかに校歌を歌う中、先頭の佐藤君がレフトスタンドへ本塁打。その後、慶應の高橋君は2者連続四球、送りバントは3封したものの、ここでマウンドを降りた。

代わってマウンドに立った菊池君は四球を与え満塁となった場面で早稲田の代打熊田君いタイムリーを打たれて4−3。そしてショートゴロバックホームがセーフとなる野選。さらに内野ゴロの間に1点を追加され、5−4と逆転を喫してしまう。早稲田も2安打で5点を入れた。

静まり返る慶應側応援団。しかし、選手たちはあきらめてはいなかった。7回裏、早稲田のマウンドには木更津総合から入学した早川君がいた。昨年高校日本代表にも選ばれた逸材だ。その早川君にたいして慶應は照屋君が安打で出塁、送った後2つの四球で満塁とした。

そこで・・・・

柳町君の本塁打だったのだ。

もう優勝の芽がなく慶應の優勝を阻止したい早稲田にとって1年生投手では荷が重かったのかもしれない。しかし、彼にとっては素晴らしい経験を積んだとも言える。

優勝が懸かっていようがいまいがいつも多くの観客を集める早慶戦は甲子園とはまた違った雰囲気がある。千葉出身の選手だけに応援したいと思っている。

日本の野球文化の礎とも言える早慶戦。今年に春の第2戦はその結果で慶應か立教の優勝がきまる決勝戦となった。

2017年5月27日 東京六大学春季リーグ戦(於 明治神宮野球場

早稲田

000 000 500 = 5

000 004 40x = 8

慶應義塾

10日ほど家を留守にしていると庭も大分変っていた

日本に行く前、オランダは寒冷で12,3℃の日が続いており何とか大きくなり始めた藤が房を広げようとしていたので去年のことを思い出し今年は帰ってくる頃には大分咲いたものが増えていてそれがまだ残っていると思っていたら去年ほどの葉も残っておらず花はまったくついてはいなかった。 急に暑くなって水の補給が効かず早々と藤は済んでいた。 けれど石楠花は盛りを越すところでちゃんと咲いているのだからやはり若木にはこの暑さが辛かったのだろうか。

それでも庭の様子は随分変わりあちこちに白、紫、薄青、赤の苧環(おだまき)が咲き乱れていた。 これは結構長く咲き秋前まで眼を楽しませてくれる。 両隣に接する裏庭の垣根が繁って盛り上がり、火曜の手術までには散髪をせねばと梯子と剪定はさみを手にとりかかった。 片一方の垣根を電動ヘッジトリマーで10分ほど作業をしていると近所のヤンセン夫婦がやって来て庭でお茶にした。 

二人は家人から病気のことを聞いて様子を見に来たと言った。 二人とも自分と同年配で医者である。 ハンスはロッテルダムの大きな病院の技術部長でティネカは児童心理療法士だけれど二人とも定年してからもう2年ほど経っている。 彼らには男の子が3人いて一番下が家の息子と幼稚園の時から高校までずっと仲のいい友達でフィールドホッケーのクラブまで一緒だった。 今では皆プログラマー、医師、電子機器設計と仕事を持ち家を出ている。 どこもこの辺は老夫婦の二人暮らしが多い。 

ヤンセン夫婦が帰ってから両方の垣根を刈り取ったら腕が痺れ筋肉痛がした。 やはり9週間の抗癌剤治療で筋肉が弱っているようだ。 それにこの間フィットネスの筋トレもしていなかったので余計に筋肉の後退が目立つ。 夕食の後早々に就寝した。