エスパー

「異能バトル」ものというのは、極論すればジョジョのスタンドありきだし、スタンドの凄い所は、日本のフィクションの中の「超能力バトル」を、「忍者漫画の忍法合戦」のスタイルから脱却させた事なんだよね。

あれは漫画史に残る大発明だと思う。

忍者漫画の大家、横山光輝先生が、忍法を超能力にアレンジ

アニメ版『幻魔大戦』で、「超能力描写にオーラを追加」

くらいの革命度だったと思う。

ここで殿堂入りさせたいのが、永井の豪ちゃん先生の「凄ノ王」ですよ。

豪ちゃん先生タイトルの中では、珍しく映像化されてない&本編も未完だから、他タイトルに較べ地味な印象があるけど。

横山先生や、師匠・石ノ森章太郎先生に匹敵する、いや、ある意味で超えたサイキック描写はたまらんものがありますよ。

念力でヤクザの事務所を壊滅!(しかも二つ)

巻頭カラーの時だけ、透視能力で女子の下着見放題で、カラーが終わった瞬間、能力が消えるのもさすがだ。

→しかも本筋と関係なし

広告を非表示にする