向日葵開了

好きな秀一に「笑うとひまわりに似てる」と言われて喜ぶカンナ。

そして今際の際に「泣いたら、ひまわりになれないもん」と言い残します。

山岸涼子先生の初期の秀作です。

カンナは、知的障害のある女の子。

秀一は浪人生でやや受験ノイローゼ。

カンナの奇抜な行動にイライラしますが、それが純粋さからくるものだと気がつきます。

逆に女友達の打算に嫌気が差しますが、カンナはその女から人格攻撃を受けて死にます。

イジメや意地悪がテーマになることが多い少女漫画。

でもヒロインの死で終わるラストが印象的でした。

ひまわり咲いた 山岸涼子作品集(リボンマスコットコミックス)

広告を非表示にする