読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に言いたいこと・・・?

ご喜元いかがでしょうか

アダルトチルドレンの誤解を解き 本来の『私』の愛と幸せ自由を手に入れる』

24時間カウンセリング メンタルサポーター 大山桃子です。

『あなたは最低な人だわ!』

『あなたはどうしてそんなことするのよ!』

『あなたなんか大嫌い!』

そんなことを言ってはいけない   という話しではなく

生きていればそんなセリフを言うときも

あるでしょう。

 でも 大切なのは

その言葉は『私』が本当に言いたい言葉なのか・・・?

というところ

本当に言いたかったのは?

『私』は・・・

という『私』の『思い』をいうとしたら?

『私』は

に着目して話して(放して)見ると本当の姿を現します。

『あの人・・・』はまたは『あなたは・・・』に意識が向いていると

その間『私』の『思い』に『気づく』ことがないので

『あの人』という『罪人』

『あなた』という『罪人』を作り上げては

裁かなくてはいけない事になり

その間『私』の中で起っている『怒』にコーティングされた

『悲しみ』『淋しさ』に気付くことができません。

『・・・という事は○○に違いない』

という『思考』に騙されて

『真実』を見る前に

『罪人』が出来上がり

『罪人』の『思い』はシャットダウンし

『きっとそうに違いない』を信じて言動し『あの人は・・・』『あなたは・・・』に対して

『怒り』(悲しみ・淋しさをコーティングしたもの)を

ぶつけまくるのですが・・・

『私』が本当に言いたい事ではないので

いくら言っても何も変わるどころか

『怒り』によって

『私』の身体は硬直し血流が悪くなり様々な症状として現れる事にも・・・

『私』は

その出来事で『どうされた?』という言葉に言い換えると

どうされたと思ったのか?

その出来事で『私』の中で何が起こっているのですか?

『私』の本当に『言いたいこと』

それは他者ではなく実は『私』に対して起っていて

『わかってよ〜!なんでわかってくれないの〜!』

と訴え続けているのです。

本当に言いたいことに『気づく』と

心が軽くなり納得したりするけれど

本当に言いたいことを言わない限り

ずっとモヤモヤして『あの人は・・・』『あなたは・・・』と

同じ悪口・愚痴を繰り返し言い続け

そのたびに『私』の身体を硬直させ血流を流れにくくさせる

という悪循環に陥ります。

その体の硬直も『あの人』『あなた』ではなく

『私』に起こっているという事を理解していただきたいと思います。

どっちでもいいけど

『私』はどちらを選びますか?

『罪人』を作り続けるのですか?

『私』を理解し癒やしてあげるのですか?

どちらを選びますか?

必要な方に届きますように・・・