読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リスクは1.7倍

なんですか、一週間に3時間以上自転車に乗る男性は、乗らない男性と比べてEDを発症するリスクが1.7倍に増えるんやとの研究結果が出たらしい。

自転車に乗りすぎると股間が圧迫されて血行を阻害し、炎症やEDの原因になりやすいってのはよく言われてたけど、具体的に数字で出されてしまうとこれはただごとではない。

それも1.2倍とか1.5倍といった「ざっとした」数字ならまだしも、1.7倍ってのは妙にリアルな話やないか。

EDの発症率を調べてみた。

たまに駄目なのようええっどうにかしてくれぽてちんな軽度のものも含めると成人男子の53%になんらかの形でその傾向がある。

重度なのは全体の34%程度で、50〜60代の場合、おおむね20%をちょっと切るくらいの率でそうなっているとのこと。

集まれば下ネタで盛り上がる女子と違い、男子はそういう話をあんましせんから、他人のことはさっぱりわからんのやけど、5人にひとりが深刻な状態になってるってのにはびっくりぽんやわ。

自分にもいつ訪れるかわからないその恐ろしい症状に至るリスクが1.7倍だなんてあんまりだわ、ひどい、ひどすぎるわ。

突っ張ることが男のたったひとつの勲章だってそれだけを信じて生きてきたんだからね。

いやまあ、突っ張ったからってどうするもんでもどうなるもんでもないんやけど、そこはほら、雄としてのワオーンてことで。

でも、たとえそのリスクを背負ったとしてもやっぱり自転車はやめられない。

そういった意味ではフミオちゃんを見習わねば。

あのジジイ、76歳にもなって家から20キロくらい離れたとこまで平気で自転車乗っていくからな。

1日で琵琶湖一周する姉ちゃんの旦那、つまり義兄67歳みたいにとまでは言わんけど。

やっぱ理想は正平スタイル。

無理せず頑張らず、気になるもんがあったら即座に立ち寄り人と話す。

でも、ED怖い。

膵臓ガンの次に怖い。