日常日記 2017年3月8〜12日 『キセキ あの日のソビト』「雪煙チェイス」

8日(水)晴れ

なんか早めに寝たら7時に目覚めてしまい、10時に起床して、老母をデイサービスに見送る

10時半前にコロをシャンプーさせにハローワンニャンへ連れて行き、帰宅して二度寝

ハッと気付くともう1時を回ったところ、起き出してあるもので昼食

塩バタートースト、すき煮風肉野菜玉子とじうどん、鯛めし

2時半前にハローワンニャンから出来上がりの電話があって、コロを引き取ってウンチをさせて帰宅

3時半頃老母帰宅でお茶入れて珈琲タイム

今週の老母夕食ケアは変則で、本日夜は姉が用意してくれるので、本日も僕は外出日

5時半過ぎに家を出て新宿へと向かう

19:30@新宿バルト9 『キセキ あの日のソビト』 http://kiseki-movie.com/

シリーズ以外の東映配給のライヴアクションでは久々に大ヒットになっているようで、喜ばしい限りです

この映画の宣伝に触れるまで、僕はGReeeeNが覆面グループだというのを知らんかったでした

なので、映画宣伝に触れて、その覆面グループが出来上がるまでを描いているのを知って、俄然観たくなりました

キャストも、松坂桃李菅田将暉で悪くないしね

で、観終わって、思っていた映画とはちょっと違っていたな、と思いました

主人公は、ロックグループとして有名になりたかったけど途中で挫折したお兄ちゃんの方で、弟のグループのプロデューサーとして人間として成長していく姿を描いたものでした

テーマは、ギフト でしょうかね? 人間の持って生まれて備わった特質や才能

人間というか、人生というものは実に不公平なもので、「天は二物を与えず」というのは全くの嘘で、大体一人の人物にギフトは集中するもんですよね

大谷翔平選手を見れば、世の中実に不公平か一目瞭然ですわな

或る才能を他人が持っていてその人は別にそれをあまり有難がってないけど、ある人にとってはその才能を命に代えても欲しい、なんていうシチュエーションは世の中ざらに転がっています

いくら頑張って努力しても掴めるだけの才能などないことを多くの挫折した人々は知って生きてきて、この世界は成り立っています

本作はそういうシチュエーションを実際に奇跡的な成り立ちで成功を手に入れたGReeeeN というグループをモティーフに語っていきます

脚本は人が生きていく過程を、そうしたギフトの状況を中心に描いてなかなか見事に活写していきます

なので、これまで多くあったミュージシャンやアーティストの成功物語には、本作はなっていません

なかなか深くて苦い青春音楽映画に創り上がっていて、面白く観ました

観終わって9時半を回ったところ、新宿でも意外に微妙な時間帯に入ってきたところ

新宿の街をフラフラ歩いていると、いつも行っていたインド料理屋がアジア料理屋へと変貌していた

これはリニューアルなのか? 代替わりなのか? それとも?

ASIAN VILLAGE グランドダージリン新宿店 https://r.gnavi.co.jp/a193101/menu9/

アジアンヴィレッジ というのは前は付いてなかったような気はするが、店名はグランドダージリンだったような気がするので、リニューアルなのかな?

店の前の看板を見ると、タイ料理とインド料理両方が食べられるらしいので、美味しければ便利ということになりますがどうなんでしょうか?

ということで入店してメニューを見て、目移りする中で結局、タイ料理の生春巻 ポピアソットと、インドカレースペシャルディナーセットをオーダー

内訳は、3種類のカレー[マトンドピヤザ、キーマカレー、チリチキンをチョイス]、ナン、ターメリックライス、サラダ、生ビールとハイボールを1杯ずつ、そしてデザートにマブラオとチャイをいただきました

カレーは前に食べた時のように普通に美味しく、生春巻も美味しかったので、便利な方だったようです

ここはまた来ようと思いました

帰宅して11時半過ぎ、残りの頁を読んで、東野圭吾「雪煙チェイス」(実業之日本社/実業之日本社文庫) 読了 http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-55323-8

単発のスキー関連サスペンススリラーミステリ、文庫オリジナルシリーズの第3弾

主人公は違うけど、世界観、と何人かの傍役はシリーズキャラクターになっていて、文庫書下ろしなので肩に力を入れず、読み切りのエンタテインメントを東野先生が書こうとしている意図が見えて

東野先生の諸作の中でも軽くて読みやすい小説に仕上がっています

映画で言えば、往年のスター主演のプログラムピクチュア仕立てと言った感じでしょうか?

大体300頁強なので、3時間ぐらいで読み終わる、安定した面白さです

長年、ミステリ本や映画を読んだり観たりしていると、こういう力作でも大作でもない小説もたまには読みたいと思うので、僕はこの文庫書下ろしシリーズ大好きです

今回も楽しませてもらいました

3時頃ベッドに入って就寝

9日(木)晴れ

10時前に起床、洗濯、新聞読んでスーパーサカガミに買い物に行って、戻って洗濯物を干してから

何とメインの鶏肉を買い忘れていて、再びサカガミに戻って買い直し、やっぱりソプラノハイマーは進行しつつあるようである、もうすぐアルトに手が届きそう

本日の昼食は月イチ恒例、鶏すきうどん寄せ鍋、なのに鶏肉買い忘れていたのだから始末に負えません

本日の具は、鶏もも肉、餅巾着、白菜、キャベツ、長葱、しめじ、えのき茸、豚バラ肉、うどん

おでんの具も一緒に投入、烏賊巻、小厚揚、がんもどき、玉葱揚、ちくわぶ

本当に鍋は美味しい、真面目に月イチではなく2週間に1回つくろうか、とも思ってしまうが自分を戒める

3時半に姉が来てコロ散歩に行ってくれ、4時に上海留学から帰って来た姪っ子がお土産持ってきたので珈琲淹れてお茶タイム

1時間半程話していたので、5時半頃慌てて洗濯物を取り込んで、老母の夕食を準備して7時頃供す

付き合って、「プレバト」、「和布総本家」を見て、「櫻井・有吉 THE夜会」合わせで夕食、昼の鍋を食べる

本日は姪っ子が来たぐらいで、後は何もない1日でした

10日(金)晴れ

9時過ぎに起きて、妹と一緒に老母をデイサービスに送り出し、シャワー浴びて出かける準備

10時過ぎに家を出て新宿へ向かう、電車内でマイクル・コナリー「判決破棄」上巻を読み始める

11時から東口駅前の椿屋で、コーヒーを飲みながら仕事の打ち合わせ、1時間で終了

帰り道の途中、サブナード地下街にあるこのお店で昼食を食べてから帰る

とんかつ 和幸 サブナード新宿店 http://www.wako-group.co.jp/shop/detail/2076

サブナードはよく通るのでこのお店も年に数回利用します、揚げ物が普通に美味しいです

今日はアソーテッドなフライが食べたかったので、菖蒲 をチョイス

内訳は、ヒレカツ、茄子はさみ揚げ、海老フライで、更にアソーテッドにしたいのでカニクリームコロッケを追加

キャベツ、ご飯、味噌汁はお替り出来るので、キャベツ2回、ご飯と味噌汁は1回ずつお替りして満腹

本日も美味しくいただきました

1時頃に帰宅して、3時過ぎに老母がデイサービスから帰宅、珈琲淹れてお茶タイム

今週は変則で、今日金曜日の午後は完全に僕が当番なので、4時からコロ散歩に行って、戻ってからスーパーサカガミに買い物に行って、6時から料理して、7時頃老母に夕食を供す

本日は、月イチ恒例鍋後のポークチキンカレーライスでご飯も炊きました

老母に付き合ってテレビを何気なく見ていたら、突然森田組の伊藤克信さんが画面に出て来たので、慌ててちゃんと見始める

巻頭で20分ぐらいフィーチュアされていましたが、番組の構成上、表舞台から姿を消した個性派俳優なくくりでちょっと不愉快な展開

だけど、ホッケーの日本代表になった息子さんとの絆が描かれて、内容はなかなか素敵な感じ

番組名は、「爆報THEフライデー」でした、伊藤さんの場面が終わってもそのまま見続けました

老母夕食の後片付けしてから、父の十三回忌関係で親戚に電話して、WBC対中国戦見ながら夕食

献立は、塩バタートースト一枚でビール飲み始め、その後は勿論ポークチキンカレーライス、キャベツ/胡瓜/玉葱/ハム/チャーシューのサラダ

夜中は2週間ぶりに日常日記を書き上げてUP、やっとベルリン映画祭DAY5を書き上げるというタイムラグになってしまいました

3時過ぎにベッドに入って就寝

11日(土)晴れ

9時半に目覚めて10時半に起床、一緒に二階から降りてきたマルに餌をあげる

新聞読んでから米を研ぐ、本日は本格的にカレーをちゃんと食べる

1時から昼食、昨日つくったポークチキンカレーライス、ベイビーリーフのサラダ、豆/アスパラガス/隠元のサラダ、CoCo壱のらっきょうと福神漬

メレンゲ」見終えて、お片付け

今日はコロ散歩に姉が来ないので、僕がコロ散歩に行く

6時から「ミュージックフェア」見て、コロマルに餌やって、老母に夕食を供す

付き合ってテレビ見ながら、日常日記を書く

サタデースポーツ」合わせで夕食、またも塩バタートースト1枚食べて、生ラーメンにカレーをかけてカレーラーメンにして食べる、旨し!

日常日記 ベルリン映画祭DAY6を書き上げて、0時過ぎにUP

土曜日なので、「さまぁリゾート」「S★1」見る

3時過ぎにベッドに入って就寝

12日(日)晴れ

10時に起きて洗濯、サカガミに買い物に行って戻って、洗濯物を干して「男子ごはん」見る

本日の昼食は、最近登板回数がやや多い 鶏もも肉と蓮根の中華風照焼 花椒黒酢風味がメイン

鯛の和風スープ仕立て[油揚/しめじ/えのき茸/長葱/豆腐]、叩き胡瓜 青紫蘇の梅肉和え、茹で空豆、サカガミの糠漬、炊立てご飯

2時半頃食べ終えてお片付け

3時過ぎに本日2度目のサカガミへお買い物、電気屋さんで蛍光灯買って帰宅

4時半頃珈琲淹れてお茶タイム、そして今日から久方ぶりの四横綱時代に入った「大相撲 春場所」初日を見る

見ながら「僕の観たい映画表」の工事を再び

7時前に老母夕食を供して、WBC 対オランダ戦見る 一進一退の攻防が面白くてずうっと見続ける

見ながら夕食、ソーセージと玉葱でピザトーストをつくって白州ソーダ割りを飲み始め

〆は肉野菜入り サッポロ一番塩ラーメンとミニごはん

闘い終わって、中田翔のヒーローインタビュー時に日が変わって0時過ぎになるという大熱戦でした

そして、その後の番組「プロレス総選挙」もそのまま見てしまいました

僕は小学校の頃はプロレス少年だったのでした

ということで、「プロレス総選挙」を見て、厚紙分別ごみ出ししてから寝る準備して就寝