胃潰瘍治癒

二月半ばに胃カメラ検査で指摘された、多発性胃潰瘍

8週間、タケキャブ錠を飲み続けることによって治癒いたしました。

この薬を飲み始めた一日目から、胃痛は全くなく、楽に治療ができとても

優れた薬のようです。

夫がかつて(40年前)胃潰瘍だったときは、この薬はなかったと思われます。

あの頃この薬を飲んでいれば、入院もせず楽に治療できたのに・・。と今更ながら思います。

医学は日進月歩。

癌という病気も50年後にはなくなるだろうと聞きました。

私の友人に心臓に欠陥をもちかなり深刻なので、いつ心筋梗塞を起こすかと

日々恐怖におののきながら暮らしている女性がいます。

コレステロールの薬を飲み始めてすでに20年。薬で正常値を保ってはいるけれど

狭心症を起こしてしまいました。

取り立てて心配事はないけれど、この病気に関する心配事だけはぬぐえません。

医学の日新月歩。この病気に関してはどのような進歩が期待されるのでしょうか。

いつも病気の話ばかりで恐縮です。

高齢者が寄ると触ると、病気の話、お寺の話、お葬式の話。

若いころは、お年寄りはどうしてあんなに病気の話ばかりするのだろうと

不思議な気持ちで観察していましたが、今まさに私がそのようなことになろうとは。

笑えぬ笑い話です。

広告を非表示にする