平成3年式ホンダBEATのタイヤをスタッドレスから夏タイヤに交換(4/8)

[4570]

今シーズンは自分が所有するクルマのうちジープJ36とJ53、ホンダBEATの3台は冬も乗っていたのでスタッドレスタイヤを履いていたが、函館市内は最低気温がマイナスまで下がる日もほとんどなくなり、雪の日以外は幹線道路は雪が積もることもなくなった。

まだ峠超えは積雪や路面凍結の恐れがあるが、3台もスタッドレスタイヤでいる必要もなく、峠超えに備えて1台だけ残しておけば大丈夫だから、順次夏タイヤに交換していくことにした。

まずは3月31日に廃車にしたジープJ53に履かせていたスタッドレスタイヤは、廃車後は来季別のジープに履かせてまだまだ使うから、廃車にする3月31日に磨り減った夏タイヤに交換してから廃車にした。

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1959671639&owner_id=18367645

あとは峠超えに備えて1台、ジープJ36だけもうしばらくスタッドレスのまま様子を見ることにして、次はホンダBEATのタイヤを夏タイヤに交換することにして、土曜の休みだった4月8日に作業することにした。

アパートの1階が駐車場になっており、普段は隣のジープJ36と並んで停めているから、アパートの前に出して路上でジャッキアップして作業するが、この日はJ36は修理のため整備工場に入庫中でBEAT1台しか停めていなかった。

車高が高いジープはジャッキアップすると天井がつかえるから、どっちみち表に出して作業しなければならないが、背の低いBEATならこのままジャッキアップできるから、駐車したままエンジンを掛けることなくここで作業した。

BEATは同時に2輪持ち上げることができる場所にジャッキアップポイントがあり、4輪全部交換するのにジャッキアップ2回で済むから楽だ。

BEATは幌のすき間風で冬は車内があまり暖かくはないのだが、ジープより燃費がいいこともあり、クルマでの出張など長距離の移動には優先して乗っていたから、今シーズンスタッドレスタイヤで4233km走った。