婚活初回デートと待ち合わせのメモリー

婚活初回デートとは

いったい何なのか?

おそらくプロフィールを見て

男女が思い選び

婚活デートの約束が確約されて

次へのステップへと進むわけだ。

ここで男側は当然に喜ぶのか

それぞれ何かの感情が生まれるだろうが

もうすでに、何かを忘れているのかもしれない。

まず想像すると

彼女はいったいどこへ住まれているのか

主に 遠距離から近距離圏内と想像を絶する想像が含まれているが

まず複雑で婚活デートとして除外したくなるのが初回ドライブデートだけは外して考えてみたい。

初回から密室移動は単純かつ想像が表現できないからだ笑

では、交通手段も外して、婚活デートでノーマルにどこで待ち合わせすべきなのだろうか?

これは初回において 考えられる所は ある程度 幅のある極めて 常識のある場所で それでいて

二人のメモリーの場所になるのではないかと思う。

しかしデートと婚活デートの違いは 同じもあれば また違うのであって

どちらかといえば婚活デートが幅の広いバリエーションになるだろう。

かつ、常識的範囲として絞り込むと やはり そういう場所であり、

そこは婚活デートであるのであるなら、えーと スマホでついたら えーと 今はここで 今どこ〜〜なんてやってはいないと思えるが

果たしてどうなのでしょうか?

つまり 確約されたのち じゃあ明日にする?

明日いいよ〜

何か違うような気もしますが 果たしてそれでいいのだろうか

それは人それぞれ違う

また人の職場環境は違い

さらには恋と恋愛 そして婚活デートのスタート地点の何か違う点を先制攻撃してみよう。

仮にメールか電話によって男女が連絡をとり合えた状況において

それは、一週間後か2週間後を選択するデート日にしてもいいだろう。

なぜなら それは初回デートでもあるからだ。

人は特別な人以外は水だけ飲んで生きている人もいないだろうし

彼女が何も食べずにいたら、ちょっとだけ考えてしまうかもしれない笑

それならチベットの山の頂上が初回デートの場所でしょうね

間違っても北極点なんて行く所じゃありませんよ笑

と、だんだん話がそれてきましたが、あなたはどこがいいでしょうね

そこで好きなものから 嫌いなものまで 当然に知るだろうし

あまり何も聞けないかもしれないこともあるだろうし

だと言って まだ会ったこともなく、、

この、どうなのかわからない状況において、一般的なデートプランは何の役にもならないし 利用する情報もあり

総合すると やはり駅がデートポイントが時間においても安定している。

なぜなら日本だからだ。

そこで、単なる駅の待ち合わせではつまらない

そこは何らかの目標物か?

はたまた天候も考えた それでいて いつまでもありそうな建物

さらには確定したホテルなどカフェ 空港内 港待合室

まぁどこでもいいけど

中間地点なのか?

それとも女性が来るのか?

男性が行くのか?

ありとあらゆる状況によって想像は豊かになってしまうかもしれない。

さて あなたはどうしますか?

ドライブを除いて、電車、または飛行機、船

飛行機や船の場合はある程度は制約されて 時間は何かのトラブルがない限りは、わかりやすい場所で落ち着くだろう。

だか、そこでも明確にしておくべきだろう。

さらには電車であっても駅によっては 都会においては地下鉄や駅によっては都会になると、面白いほど複雑で

待ち合わせた所がいくら有名なホテルであってもルートは限られたコースがあり

よりスムーズに彼女が来れるように趣味レーションされていると、自然にストレスなく 彼女はあらわれてくるかもしれません。

つまり衝動的に確約されたのちにも 意外に落とし穴があって

彼女がくるまでには、その彼女が方向オンチ的だとしたら迷い子になるかもしれませんね。

もし、そこでアタフタし、会う予定であった大事な彼女とどっちに転ぶかは これがまた 想像すると

あなたの性格なら どんなハプニングでも お互いを高められる関係が築き上げられることを望みます。

というわけで 会うまでに これは きっと彼女は気づくことなく フォーマルか

ガーリーなのかはわかりませんが どのような装いで来てくれるでしょうか?

互いに手探りの状況を少し残したまま、または何もかも手探りの状態で

幸せになった後でも もし初回婚活デートポイントがどこで どうだったかは

これもまた人の数。カップルの数だけ山のような愛であったかもしれません。

どうなんでしょう

こういうの完璧にプロデュースしても失敗したり、するものなんです。

それは、より彼女の先まで読めていなかったからだと思えるが、、、

きっと思い出すと、そんなことがあったかもしれませんね。