★日めくりレシピ(タイのカリカリ卵焼き)★

[難易度:2、時間:5分]

鶏の卵は栄養価が高いこともあって世界中多くの国で食べられている食品の一つです。調理の仕方は国によってさまざまですが、チュニジアの「ブリック」っていう料理なんかはびっくりしたな。春巻き風の皮のまんなかに野菜と生卵を割り入れて包んで揚げるという。卵は半生なので齧るとトロッとあふれ出てくるのですが、これを上手にこぼさずに食べるのが通なのだとか

タイの卵焼き(というかオムレツ)は発想がこのブリックに似ています。焼くというよりはたっぷりの油で揚げるといった感じ。高たんぱくな上、油をたっぷり吸って高カロリー、これ一つで一日に必要なカロリーは摂れてしまうというすぐれもの(をい)。ま、カロリーのことは置いておいてカリカリした食感が楽しい一品です。

[材料](1人分)

 ・卵:1〜2個

 ・サラダ油:26g(大匙2)

 ・ナンプラー:6g(小匙1)

 ・ありあわせの野菜:今回はミニトマトとキャベツ

[作り方]

 1.卵をボウルに割り入れナンプラーを加えて泡立て器で切るようにしてよくほぐします。

※泡立ててしまわないように注意。

 2.野菜類は食べ易い大きさに切っておきます。

 3.中華鍋かフライパンにサラダ油を入れて強火にかけ十分温めます。これに1.を一気に流し入れます。まわりが膨らんだら中火にし、中華鍋を回して表面を均一にすします。

 4.3.に野菜類を加え卵の端をヘラで持ち上げて下に油を回り込ませて中央まで火を通します。これをひっくり返して両面カリカリに揚げ焼きにすればできあがり。

[備考]

 ・ふわふわのオムレツも良いけどカリカリに揚がったこれもなかなかイケてます。ナンプラーの匂いと焼き野菜の濃厚な味がアジアン・テイストって感じ。

 ・野菜類はありあわせでかまいませんが、ミニトマトは結構おすすめ味が濃くなって料理に花を添えてくれます。

 ・余った油はどうしようかなとか思っていたのですが、ほとんど卵が吸ってしまったので心配する必要はなかった。その後、その油が僕の胃に収まったと思うとちょっとドキドキ

ということで、よければ一度お試しください。