恋する心。

人を思う時、

どれだけ、光輝いた存在として、

相手を見ることができるか、

その中に、一生を生きる人の心は、

きっと挫折に満ちているだろう。

それでも信じる心があって、

人を愛せた人が、

太陽のような愛の持ち主だろう、

忘れていた輝きも、

もう一度、信じる心から始まる。

広告を非表示にする