中学校の勉強はこんなに大変だったかしら。

息子が中学生ですが、5月は中間テスト、6月は明日期末テストがあります。

テスト前の提出物ワークブック、プリントの量がすごいんです!

誰でも入れる公立中学校なのに

中間テストの時は息子も初めてでかなりとまどっているようだったので、全面的に手伝いました。4月に塾で先生に言われたのです。中学生になると、もう自分でできるだろうと手を放す親と、手伝う親に別れる。だけど、中学生といってもまだ未熟で、しかも小学校とのやり方の違いにとまどう生徒は多い。時間があれば、なるべく提出物は見てやってほしい。と。

だから、中間テストの際の提出物ワークブック、プリントなどは、一緒に計画表を作成し、進捗を確認していました。と同時に、提出物の量多いな。と驚いたものです。

期末テストに関しては、子供も少しは慣れただろうと思い、最初の計画は見たものの、その後の勉強は本人にまかせました。見た限りは平均的に勉強していたし、学校が開催している朝勉強にも参加していたのでできていると思ったんです。

でも、

今日は午前中からずーっと残っているワークに取り組んでます明日提出。夕方ですがまだ終わってません。私のカミナリが落ちたのは言うまでもありません。

しかし、自分が中学生の時こんなに提出物は多くなかったようなと思います。昔すぎて思い出せないんだけど、ここまで大変ではなかったような。そして、親に頼ったこともほとんど無いような。

テスト勉強を別にしなきゃいけないのではと思っていましたが、提出物を完璧にこなせばいい点数が取れるはず、というくらいの量です。テスト勉強提出物の勉強ですね。

話がそれますが、これが女子だったら親の手をかけずとも、もっと計画的に勉強できるかも、とも思います。うちの子は平均的な男子なので

土日は息子の勉強に付き合い、しかも、いいように反抗されるので疲れる。こんなに親が勉強に必要ってどうなの?と思うこともあります。その時は、ビートたけしの母親のエピソードを思い出します。子供が勉強するために、街灯のある場所に連れて行って懐中電灯で照らして勉強に付き合う。勉強に対する母親の思いの強さを感じます。勉強に付き合ってもいいのかなと思います。