サイコパス「嘘」の心理

直ぐにばれるような「嘘」非常によく「嘘」をつく、サイコパス

自分が付く「嘘」で招く結果よりも、他人を操りたいという衝動の方が強いので、

サイコパスは、常識では考えられないような平気で大胆に堂々と「嘘」をつきます。

サイコパスは、自分が優位に立つことを優先して、迷わず嘘をつくという行動をとります。

「嘘」の中身も、簡単にばれるような内容であり、尚且つ、「嘘」をつくことによる

デメリットが大きい、最終的には必ず「嘘」がバレて恥をかくしかないのに・・・

といったような「嘘」のつき方をする特徴があります。

サイコパスは嘘がバレることを恐れたり、

        自分を恥じたりすることがない。

それは、サイコパスにとっては、自分がつく「嘘」は「真実」だと思い込みながら

最初の「嘘」を隠すための「嘘」をつきながら、どんどんと「嘘」を重ね、

自身の都合の良い、「嘘」によるフィクションストーリーが出来上がり、

それはサイコパスにとって、「嘘」という名の理想に近いフィクションが現実なのだという妄想

思い込みへと変化するので、「嘘」がバレることを恐れないし、

「嘘」をつくことに罪悪を感じることがないのです。

サイコパスの特徴】

口達者で一見、魅力的

非常によく嘘をつく

同情を引こうとする

無責任で問題行動が目立つ

衝動的に行動する

責められると逆ギレする

感情が浅く思いやりが無い                              

                                  −サイコパス心理参照−

あの人は良く「嘘」をつくけど、どうしてあんなに「嘘」を平気でつけるの?

という人がいたら、その人はある種のサイコパスだからだと思った方が良いかもしれません。

https://www.youtube.com/watch?v=nScV4pvO4n8