鉄板スキレットの蓋を作ってみた

昨日の午後、コークス炉に火を入れたついでに、鉄板スキレットの蓋を作ってみました。

う〜ん。なんか、格好よくない(笑)

おふくろ曰く、真っ平なほうがカッコイイんじゃないか?と。

厚さ23の鉄板を切って作った蓋に、13の丸棒から作った把手をつけたんですけどね。

ズシっとする重量感がありますね。

この要領で、もう少し深い鉄板のコッヘルシリーズとか作れないかな?と考えてます。

鍛金の要領で、たぶんできると思うけどね。

需要があるかどうかはまったくわからないけど。

キャンプ道具を意識するなら軽量コンパクトなものをが定番というか、一般には普及しやすいと思うんだけど、そこをあえて真逆の方向に捉えるものって、やっぱり需要がないのかな?

ダッチオーブンが受け入れられているのだからとは思うけどね。

もちろんキャンプ道具だけでなく、通常の料理にも使えばいいと思う。

ただし、ソースパン代わりには使わないほうがいいかも。

プロの料理人は、特にトマトソースの料理は必ずアルミだそうで。

銅板の内側は錫でコーティングしてるけれど、鉄板はどうなんだろ?できるのかな?

に、中世のバイキングの鉄鍋を再現してる写真があってね。

一枚の鉄板からではなく、何枚かの鉄板を接ぎ合わせて、リベット止めだけで構成してるの。

あんなのもカッコイイなと思うけどね。

鉄板同士を建築板金の要領で折り込んでいるのか、水漏れもしてないし。

で、この蓋、もう少しなんとかならないかな。