7/13木曜日ムダなものなど無い、優先順位があるのみ。

こんにちは、教育しん研です。

アッついですねー。

連日草加市は余裕の30度超えが続いています。

センター試験まで正味6か月、

私立高校受験まで正味6か月、

県立高校入試まで正味7か月と2週間です。

この時期優先順位を間違えると大変なことになります。

うちの大学受験生は十分わかってるので割愛しますが、

高校受験生に向けて言います。

君たちの優先順位は以下の通り

1位自分自身や家族の健康

2位人間としての最低限の道徳観

例1病気などで触れ合える期間が区切られてる大切な人との交流

例2健康的にピンチである人への優しさ

3位受験勉強

例1あなたが受験に失敗したらどれだけの人が悲しみますか?

例2あなた自身の高校合格に誰が責任をもって援助してくれますか?

4位以下それ以外全部

何度も言いますし、書きます。

部活動、友達との付き合い、家族旅行など

君たちの日の生活において、

そして中学校や地域の活動において、

ムダなものなど一切ありません

いいですか、

ムダなものなど一切無い

のです。

そして

厳然たる優先順位だけがあります

今の自分の優先順位を間違えないでください。

大人たちの中には自分の社会的評価のために、優先順位を間違えて子供たちに接する人が山ほどいます。

例えば、例えばですよ、

一般受験の勉強をしなければいけない子供に、長時間炎天下での激しい運動を強いるなどということは、典型的な

優先順位を無視した愚かな行動

であると思います。

熱中症になったら、体調を崩したら、どれだけ沢山の人に迷惑がかかり、優先順位に沿った行動を阻害するか

この優先順位を間違えるなという教訓を私にくれたのは、中学時代の体育の先生でした。

バレー部の顧問で厳しい指導で有名でした。

彼の夏場の受験生への指導は、

スポーツ推薦で高校受験する子には、ギリギリまで無理をさせて技術の向上に努める。

弱点が根性にある生徒には、7月中に根性をつける指導をする無理はさせても無茶は絶対させない

私のような、体力に自信のない中3生に対しては、体育の教育課程を遵守し、決して体調を崩さない指導をする。

よく、言ってました。

はい、一般受験のやつらはここまで、

俺はお前らが高校行けなかったら悲しい。

行けなかったら絶対後悔する。

就職組とスポーツ推薦組以外はストレッチ、

水分補給忘れるな、

家帰ったら勉強しろ、

優先順位を間違えるなよ。

今でも彼のセリフが身に沁みます。

なんと聡明で愛情に溢れた指導でしょうか。

炎天下で運動してみるなんていう経験も、全くのムダではないでしょう。

しかし、そんな体験は、23日寝込んでも構わない余裕のある時期にやって下さい。まあ、私なら絶対やりませんが。

君たちの将来の為に、優先順位を必ず考えて行動してください。

では。