JR九州の観光特急、ゆふいんの森が豪雨被害で路線変更の上、臨時運行。7月16日鉄道の出来事。

豪雨被害で路線変更ゆふいんの森臨時運行7月15日

九州北部の記録的な豪雨によって運休が続いていた、観光列車ゆふいんの森が、きょうからルートを変更して臨時運行することになりました。九州の観光列車、ゆふいんの森は豪雨による被害で久大線が不通になってしまったため運休していました。きょうからは運行ルートを久留米経由から北九州市の小倉などを経由するルートに切り替えて運行します。これにより、所要時間がこれまでの2倍以上となるため、1日の運行本数を3往復から2往復に減らします。けさ出発した最初の列車の乗車率は84でした。

ソーステレビ東京TXNニュースを引用。

九州豪雨により亡くなられた方のご冥福を心からお祈り申し上げます。被災された方には心からお見舞い申し上げますとともに一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。被災された方には九州豪雨の地域にお住まいの方は今後の情報及び、これからの豪雨による河川の氾濫豪雨による土砂崩れなどにはご注意下さい。JR九州は、日田彦山線久大本線豊肥本線など、橋梁が流出するなど当面の間復旧工事で数月間かかり運休の恐れが出てきます。JR九州をご利用のお客様は駅の案内放送や、大都市の駅の行先種別案内表示器の情報にご注意下さい。

次に、2016年(平成28年)4月14日(木)夜間に発生した熊本地震により亡くなられた方のご冥福を心からお祈り申し上げます。被災された方には心からお見舞い申し上げますとともに一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。熊本地震により、JR九州では、豊肥本線の一部区間が不通となっております。JR九州をご利用の方は充分にご注意下さい。

小田急ロマンスカー、3100形NSE引退から18年。

小田急ロマンスカー、3100形NSEは、1999年(平成11年)7月16日で引退しました。小田急ロマンスカー、3100形NSEは、1963年(昭和38年)に小田急ロマンスカーとしては初めてとなる展望車を採用され、1967年(昭和42年)までに11両7編成が製造されました。展望車の車両は、1980年(昭和55年)登場の、7000形LSE(11両4編成。)、1987年(昭和62年)登場の、10000形HiSE(11両4編成。)、2005年(平成17年)登場の、50000形VSE(10両2編成。)までになった。1977年(昭和52年)から1978年(昭和53年)にかけて冷房装置の増設や、7000形LSEの製造が終わった翌年の1984年(昭和59年)から1988年(昭和63年)にかけて、日本車両で車両更新が始まり、前面の列車愛称表示をアクリル板で交換式であるはめ込み式から\xC5

兎飴胗觴阿吠儿垢気譴拭◀修里曚ǂ砲癲\xA23号車と、9号車の売店を拡大した為に座席の数が464席から8席減らした456席に変更された。1996年(平成8年)に、30000形EXEが登場した翌年の1997年(平成7年)から廃車が発生し、1999年(平成11年)7月16日のあしがら80号を持って、3100形NSEの全車(ゆめ70を除く。)が引退、3100形NSEの改造車ゆめ70を残し、2000年(平成12年)までに全車が廃車された。保存車両の6両は、小田急線喜多見検車区に、展望車1両は、小田急開成駅に保存してある。その後も、ゆめ70以外の編成はEXE車に置き換えられる形で順次運用から外れて廃車された。1999年7月のダイヤ改正を前に、NSE車の運用終了と廃車が決定したため、これにあわせて小田急は、メモリアルロマンスカードをはじめとして、3100個限定の腕時計、3100個限定のプラレールなどを発売した。運用終了に際し、1987年頃には\xA4

曚箸鵑斌弔蕕控_颪呂覆唎覆辰討い進篏曻拱鷁擦ⓛ弔蕕気譴襪箸箸發法⊆崑里砲蓮\xA2ThelastrunningOdakyu3100形と表記されたロゴも貼付された。運用終了を直前にした、同年7月11日には、事前招待制のさよなら走行会が、相模大野駅-唐木田駅間で運転された。同年7月16日、あしがら80号の運行をもって、NSE車の定期運用は終了した。この列車は、本来は小田原駅新宿駅間のみの運行であったが、箱根湯本駅にてセレモニーを開催する関係から、この日に限り箱根湯本駅始発とされた。また、箱根湯本駅での式典において、箱根町長より感謝状が授与された。

ソースWikipedia小田急3100形電車の一部記事を引用。

余談ではあるが、2013年(平成25年)には、小田急ロマンスカー展望車登場50周年記念イベントがあった。2017年(平成29年)7月6日(木)には、3000形SE車運行開始から60周年を迎えた。又、2017年(平成29年)7月に、保存車両を解体するという動きが出てきたが、3100形NSE車の一部車両(先頭車の展望席2両と中間車の1両計3両は保存、中間車3両は解体される。)が保存するという噂が出ているが詳細な情報は分からないという。

E26系カシオペア運行開始から18年。

E26系寝台特急カシオペアは、1999年(平成11年)7月16日の運行開始から今日で18年経ちました。尚、カシオペアの定期列車からは引退したが、臨時列車としてカシオペアクルーズとして北海道方面で活躍される。

電気機関車は、EF81形カシオペア塗装(1999年(平成11年)〜2010年(平成22年)まで。)と、EF510形カシオペア塗装(509510の2両のみ。)(2010年(平成22年)〜)の2種類(上野〜青森間。)であるが、青森〜函館間の青函トンネル区間は、ED79形、函館〜札幌間は、DD51形2連で上野〜札幌間を北斗星と同じ区間で走っている。2016年(平成28年)3月26日(土)開業の、北海道新幹線青函トンネルの電圧の昇圧などにより、ED79形、EH500形(JR貨物(JRF))では、入れる事が出来ない為、2012年(平成24年)に試作車(901)として、複電圧対応(在来線交流20000v、直流1500v、新幹線交流25000v)の、電気機関車、EH800形(JR貨物(JRF))を2014年(平成26年)から量産車製造。)を開発し製造。EH800形(JR貨物(JRF))は、北海道新幹線開業後に、北海道新幹線\xA4

靴\xAB通れない青函トンネルを通り、本州と、北海道の貨物列車として活躍する。その為、EH800形(JR貨物(JRF))は、カシオペアクルーズとして牽引する。北斗星や、トワイライトエクスプレスであっても客車の老朽化などにより今年3月に引退した為、EH800形(JR貨物(JRF))は、残念ながら寝台特急牽引用として開発されていない。北斗星は客車の老朽化などにより引退した。カシオペアが無くなると、唯一残る寝台特急は、581系583系以来31年ぶりの新型寝台特急電車、285系サンライズ瀬戸サンライズ出雲のみである。285系サンライズ瀬戸サンライズ出雲は、1998年(平成10年)7月10日にデビューし、出張や、旅行などに人気の車両である。東京〜岡山間は14両で走り、岡山からは7両編成で(上りは岡山まで7両編成。)、サンライズ瀬戸は、高松(一部は松山。)、サンライズ出雲は、出雲市まで結ぶ。運行会社は、JR東日本JR東海JR西日本JR四国(サンライズ瀬戸のみ。)の4社である。285