夏野菜カレーあれこれ

夏野菜カレーはどこまで許せるのか?

管理人です、こんにちは。

最近、カレーがお気に入りのメニューになっています。

一度作ればしばらく料理をサボれますし、それなりにおいしいし。

ただ、心配するのが栄養面で特に野菜っ気。

野菜炒めやら根菜汁やら冷しゃぶのサラダやら、とにかく野菜を意識して食べるメニューに比べると野菜率が落ちると思うのです。

かと言ってサラダを付け合わせる手間は避けたい…

結論、とにかく野菜をぶっこんだカレーに挑戦してみよう!!

そんな訳で、二度にわたるカレー作戦を振り返ってみたいと思います。

<試した食材>

・ニンジン ・ジャガイモ ・タマネギ ・冷凍コーン(定番)

ブロッコリー ・オクラ (結構おいしい)

・ズッキーニ ・ピーマン ・切干大根 ・豆苗(邪魔はしないが存在感が薄い)

・カボチャ(甘くなる)

・ナスビ(まずい)

以上、評価はあくまでも個人の感覚ですのでお気を悪くしないで下さい。

でもブロッコリーはオススメです。軸はコリコリ、花弁はプチプチで食感も楽しいです。騙されたと思って一度お試しを。

カボチャは甘みが気になりますが、栄養価を優先するならジャガイモに差し替えて入れると良いのでしょうか…ピーマンは初日だけ苦味がやや気になりますが後は大丈夫でした。

切干大根は買ったままの状態で鍋に放り込んだので、長くて食べにくいという微妙な欠点が…多少の手間でも刻んで入れるべきだと学びました。

さて、近いうちに第3段を予定しているのですが、次は何を入れましょうか。

オススメのアイディアがありましたら、教えて下さい。

さて、読書レビューの続きを…とも思ったのですが今日は暑さがひどくてうまく文章が湧いてきません。

覚えているうちにまとめるべきなのですが、今日のところは先送りにしたいと思います。

うだるような暑さが続きますが、まだまだこれから夏本番。

皆さんもお体ご自愛のほどを。

それでは、また。